離島は交通が少なく路上教習しやすい

PIM035

合宿免許で離島を選択する人が多くなっています。特に学生が1人で行く場合が多く、短期間で免許が取得できるので人気があります。夏休みの間に必ず免許を取得したいというような学生が、離島を多く利用します。

離島は交通が少なく路上教習しやすいことがメリットになります。信号は少ないですし、渋滞はありません。踏切もありませんので、安心して運転できます。ただし、教習以外の車はスピードを出していますので交通事故には気を付けなければなりません。

離島の合宿とは言っても、快適に過ごすことができます。部屋は清潔ですし、食事も美味しいので、それも人気がある理由の一つになっています。運転の練習をしていない時間帯は観光を楽しむこともできます。離島は釣りやスイミングも楽しめます。ダイビングをする人もいます。目的を免許取得と観光の両方にしている人も少なくありません。

離島で無事に免許を取得しても、交通量の多い都心で運転することには不安を抱く人もいます。離島とは違って、渋滞もありますし、信号の数も違います。離島のみで運転する人であれば問題ありませんが、都心で運転する人は不安になるのが当然です。

しかし、運転免許証を短期間で容易に取得することが第一の目標であって、それ以降のことまで考えていないケースがほとんどです。就職する際にも運転免許証は最低限の資格として必要になりますので、まずは短期間で資格を取得できる合宿免許に人気が集まっているのです。

関連記事

ピックアップ記事

28202000091

合宿免許に1人で行く場合のメリットとデメリット

合宿免許のメリットは、「自動車免許を取得するのだけれど、できるだけ早く、短期間で免許を取得したい」とか、「学生の今、まとまった休みがあるので…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る