合宿免許の全体の流れ

917806_37162089

 合宿免許とは、文字通り合宿しながら免許を取ることを言い、一定の期間、宿泊施設に滞在しながら、運転免許を取得するために集中して教習を受けることです。

 1人で行く方も多い合宿免許ですが、免許取得という目的のために全国から合宿生が集まっていますので、同じ入校日であれば教習のスケジュールも同じになるため、必然的に話す機会も多くなり、新しい友達を作りやすいというメリットがあります。

 ここでは、合宿免許の全体の流れについて、ご紹介します。合宿免許は、2週間から3週くらいの期間を目安に、免許取得をサポートするものです。

 まずは、入校の申込みを行います。入校の申し込みは、WEBから行うことができます。WEBから申し込んだ後、FAXまたは添付により、確認書とスケジュール表とが送られてきます。確認書に承諾した後は、指定した支払い方法で支払いを行うことになります。ほとんどの教習所では、ローン払いが可能となっていますが、銀行振込やクレジットカード払いもあります。

 申し込みの際に受け取ったスケジュールをもとに、集合場所まで行きます。集合場所については、宿泊施設であったり、教習所である場合もあります。教習所が集合場所となる場合には、諸々済ませたあとに、宿泊施設へと案内されます。

 教習所では、まず適性検査を受けます。健常者であれば何ら問題なく通過できるので、心配はいりません。教習所で適正検査・説明が終了しましたら、初日から学科となります。ここから約2週間~3週間、学科や実技を頑張ることになります。

 以上が、全体的な流れとなります。

関連記事

ピックアップ記事

28202000091

合宿免許に1人で行く場合のメリットとデメリット

合宿免許のメリットは、「自動車免許を取得するのだけれど、できるだけ早く、短期間で免許を取得したい」とか、「学生の今、まとまった休みがあるので…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る