合宿免許で1人部屋(個室)に泊まるメリットとデメリット

Hotelschlüssel graviert

合宿免許を利用する目的は免許の取得だけでは無く、一種のコミュニティーとして利用する方も多くいます。全国各地の方と出会うことが出来ることが魅力で、中にはその出会いから親友や伴侶を得る方も居るほどです。一人では積極的になれないと言う方は友人と一緒に利用する事もできますので、非常に利用者は多くなってきています。

とは言え、誰しもが二人以上で合宿免許を利用することが出来る訳では無く、中には1人で行って個室を利用する方もいます。そこで、1人部屋に泊まるメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

まず、1人部屋を利用するメリットとしては「プライバシーが守られる」という事です。中には誰かと一緒だと落ち着かない・眠ることが出来ないと言う方も居ます。そんな方にとって、完全にプライベートな空間になる1人部屋は非常に魅力的と言えます。同様に、余計なストレスを感じることが無いことで精神的に楽だと言うメリットもあります。

逆に1人部屋を利用するデメリットとしては、「料金が高くなる」可能性があることです。合宿免許を利用する目的の一つに「安く抑えたい」という考えがある方は多いのですが、若干とは言えその目的を外す可能性があります。

また、1人部屋を利用する場合には必然的に他の利用者とのコミュニケーションの場が限定されてしまう為、コミュニティーとしての価値が低くなる可能性が高いです。教習中やラウンジ・ロビーなどで賄う事も可能ですが、積極的なコミュニケーションをとる必要があるため多少労力が必要となります。

関連記事

ピックアップ記事

28202000091

合宿免許に1人で行く場合のメリットとデメリット

合宿免許のメリットは、「自動車免許を取得するのだけれど、できるだけ早く、短期間で免許を取得したい」とか、「学生の今、まとまった休みがあるので…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る