合宿免許で相部屋に泊まるメリットとデメリット

旅館の布団と浴衣

合宿免許は、普通に教習所に通うのとは違って短期集中で免許が取得でき、その上金額的にもお得だということで人気が高まっています。短期間とはいえ半月近くも合宿を行うので、やはり仲間同士で行くという人が多いようです。

しかし、身近に一緒に行く人がいなかったり、出会いを求めて1人で行く、という選択肢を選ぶ人もいて、そんな方の場合、合宿の宿泊で一人部屋を選ぶか相部屋を選ぶかという選択が出てきます。これは、両方のメリットとデメリットをよく理解した上で、どちらにするかを決めるのがいいと思います。

一人部屋のメリットは、プライベートな時間が確保出来るということです。出会いを求めるのではなく、出来るだけ早く免許が欲しいという理由で参加する場合は、こちらを選択する人が多いでしょう。しかし、一人部屋を選択すると、それだけ料金も高くなってしまうので注意が必要です。

一方、相部屋の場合は、格安料金で利用できるのが大きな魅力です。金銭的負担を少なくしたいという理由から、普通に教習所ではなく合宿免許を選択する方は、部屋も相部屋を選択することが多いようです。

また、相部屋こそが合宿免許の醍醐味であると言う人もいます。全く知らない人同士とはいえ、共通の目的がある状態では打ち解けやすく、友人を作る場所としては最適なのです。

相部屋には、相性の悪い人と一緒の部屋になってしまうかもしれない、というリスク(デメリット)もあります。しかし、どうせ合宿免許に参加するのなら相部屋を選択して、「合宿免許の醍醐味」と言われているものを味わってみるのも良いかも知れませんね。

関連記事

ピックアップ記事

28202000091

合宿免許に1人で行く場合のメリットとデメリット

合宿免許のメリットは、「自動車免許を取得するのだけれど、できるだけ早く、短期間で免許を取得したい」とか、「学生の今、まとまった休みがあるので…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る