合宿免許へ行くときの持ち物と所持金

girl with suitcase on country road.

合宿免許に行く場合に必要となる持ち物と所持金について解説します。

まず持ち物に関してですが、各種書類、カバンと筆記用具、服や靴、洗面用具などなど、多くは旅行と同じような持ち物が必要となってきます。

合宿免許ならではの持ち物としては、入校の時に必要となる書類関係です。どのような書類が必要になるのか、事前にしっかりと確認する必要があります。

次にカバンと筆記用具についてですが、カバンはA4の本が入るサイズにすると便利です。筆記用具はボールペンだけではなく、鉛筆を用意しておく必要があります。服や靴などの服装に関してですが、車の場合は運転しやすい服装であれば問題ありません。2輪の場合だと長袖のものが必要となります。

所持金に関してですが、現地で必要となる費用は、それぞれのライフスタイルによって大きく異なります。また、食事が付いているか、付いていないかで大きな差が出てきます。

持ち物に関して万全の準備をしており、食事が3食付いていれば、ほどんど現金は必要ありません。しかし、念のために最低限の現金であったり、キャッシュカードは用意しておいた方が良いです。万全の準備をしたつもりでも、現地で何か必要となって買い物をすることもあります。

現地で観光をする予定があったり、食事が付いていない場合は、それに合わせて現金を用意しておく必要があります。キャッシュカードを利用するつもりであれば、ATMなどがどこで利用できるのかを確認しておくと便利です。

関連記事

ピックアップ記事

28202000091

合宿免許に1人で行く場合のメリットとデメリット

合宿免許のメリットは、「自動車免許を取得するのだけれど、できるだけ早く、短期間で免許を取得したい」とか、「学生の今、まとまった休みがあるので…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る